代表挨拶

代表挨拶
Hayakawa
有限会社BRYCEN VIETNAM
社長 早川 彰彦
私がブライセンに入社した2000年当時は、ベトナムとは
ストリートチルドレン支援団体との「ボランティア」の関係しかなく、
ビジネスの芽はありませんでした。

その後2008年に支援団体から卒業生を受け入れ、日本で
組み込みデータベース「Linter」のテストをトレーニングすることとなりました。
このときトレーナーとしてベトナム人2名と一緒に仕事をしたのが
私とベトナムとの出会いでした。

そして、Linterのテスト・開発をきっかけに、ベトナムとの関係は
ボランティアからビジネスへと発展しました。
引き続きこのビジネスを発展させ、ベトナムとブライセン、
そしてベトナムと日本との関係をより強固なものにしていきたいと考えます。

私たちブライセンベトナムは、ベトナム・フエ市に拠点を構え、
2018年8月で設立5年を迎えました。
豊富な人材を持つフエ市の、最大級IT企業として、
・お客様へ高品質なサービス提供
・フエ市経済発展への貢献
・ブライセングループへの貢献
を引き続き進めてまいります。

皆様のご支援・ご指導を引き続きお願い申し上げます。

(参考)

「株式会社ブライセン ベトナム支社設立の経緯」

1992年2月より、株式会社ブライセンはベトナムの「こどもの家」を支える会の主旨や活動に賛同し、継続的に支援を行ってきました。ストリートチルドレンの自立の為に、技術やビジネスを学ぶ為の企業留学を「こどもの家」出身者を中心に受け入れており、 株式会社ブライセン本社での採用等を行ってきました。さらに、日本のビジネス習慣の習得とその知識や経験を活かした現地でのビジネス活動を可能とするべく2009年4月1日にフエ市に支店を開設いたしました。その後、現地法人を設立し、ブライセン ベトナム支社を統合いたしました。

「ベトナム社会主義共和国フエ市について」